新加坡派3.?

这两周上的一门琉大课需要分享自国的音乐给大家。我毫不犹豫地定下“新摇”主题,且洋洋洒洒地把布置给大家的作业写好。到需要挑音乐分享时,我却拿不定主意了。最后,还是想找一两首既能代表新摇又能代表岛国的音乐。

挑歌时,听了梁文福的新加坡派2.0。情绪稍变复杂。这新加坡派2.0唱的是疫情前夕的新加坡。

在异国听新摇—我又如只珍贵的熊猫,除了自己和另一位新加坡小姐,这冲绳也没几个新加坡人了—整个身体犹如浸泡在热乎乎的泡澡里,神经瞬间松懈起来。啊~~~~

这闪亮的岛塔建得很高。如今,在大风里努力安新瓦、上新漆。
其实,这岛塔无需赢奖牌或掌声,更无需成为最美丽的亮塔。
好好地接棒、好好地维护、好好地传棒就是了。

*

若需要介绍新摇给日本朋友,尽管复制分享:
(教授修改过,语法Ok)

シンガポールと言えば、多言語と多文化です。その多様な民族が混在している中で、中華民族が私のルーツです。ここで、新摇(シンーヤオー)というシンガポールの中華系の歌謡曲を紹介したいと思います。

新摇というのは、「シンガポールの歌」という意味です。国家建設のために、シンガポール政府が組織的にシンガポール人のアイデンティティを作成しました。その時、若いチャイニーズシンガポール人は台湾の文化運動に深く影響されて、「自分」の音楽・芸術・文化に憧れました。また、彼らは自分のアイデンティティを主張し、自身の帰属意識も生み出したいと考えました。

主に華僑が作った学校で、理想主義的、民族主義的な雰囲気があって、新摇の誕生に繋がりました。学生たちは、民族音楽に影響を受けて、中国南部の方言を歌詞に混ぜ合わせました。学生たちは、自分たちの歌詞を書いたり、作曲したり、歌ったりしました。更に、新摇サークルを作成し、学校で歌の大会を開催しました。

1980年代は新摇のピークでした。今は多く新摇の歌はよく知られていて、国の歌として認識されています。その後、新摇の衰退と復活にもかかわらず、多くの新摇の立役者が自国の音楽産業を構築する上で重要な役割を果たし続けています。


文章大意如下:

Singapore is a multilingual and multicultural country. In this melting pot of ethnic identities, I identify most with my Chinese roots and would like to share a homegrown Mandarin vocal music, xinyao, “Singapore Songs.”

In the early days of nation-building, there was an orchestrated approach by the Singapore Government to forge a Singaporean identity. At the same time, young Chinese Singaporean, heavily influenced by the cultural movement in Taiwan, yearned for “their own” local music, arts, and culture. They were also hungry to assert their identity and create a sense of belonging for themselves.

Mainly in Chinese schools, this spirit of the young, their idealism, and a sense of nationalism led to the birth of xinyao. Students borrowed ideas from folk music and mixed Southern Chinese dialects into their lyrics; they wrote, composed, and sang their songs. They even formed xinyao clubs and organized singing competitions in schools.

At its peak in the 1980s, Xinyao songs captivated students’ hearts and touched the souls of many in society. Today, many Xinyao songs are household names and are recognized as national songs. Regardless of the subsequent decline and resurgence of Xinyao, a good number of the founders of xinyao continue to play critical roles in building Singapore’s music industry.


-2021年10月26日
秋天

Leave a Reply